突然のお葬式でも困らない男性の服装のポイント

人生においてお葬式に参列する機会をいうのはそうあるものではありません。そのために、どんな服装で弔問に伺ったら良いのか悩んでしまうこともあるかと思います。そんないざという時のための男性の服装のポイントをまとめてみました。以前は「喪服を着ていくと不幸を予期していたとして」失礼にあたる場合もあった喪服ですが、最近では喪服を着て葬儀に参列している人も少なくありません。時間に余裕があれば喪服で構いませんが、一般の参列者の場合には喪章をつける必要はありません。喪服が準備できない場合には、基本的にはダークカラーのスーツで十分とされています。スーツの種類はダブルでもシングルでも構いませんが、金色のボタンがついている場合には少し注意が必要です。光り物はタブーとされているので、黒い布なので包んでおくと良いでしょう。また、中のシャツは柄のない白いシャツを選び、ネクタイは柄のない黒いものを着けましょう。ネクタイは高いものではないので、1本準備しておくといざという時に困りません。

相性占います

合法ハーブ 通販

大阪 エステ 求人